こんにちは。

 

GW頃からですが、ダイレクト出版のオファーがより一層過激さを増しました(笑)何と!100円オファーの登場です。今のところ2件(だと思います)。

 

2件とも興味のあるテーマだったのと、期待外れでも最悪ブログのネタにはなると思い、どんなものか購入してみました。
結論から言うと100円以上の価値は…ありましたよ!

 

今回の記事は、100円オファー第2弾(順番が逆になっていますが、100円オファー第1弾も後日投稿します)を受けてからのセールスメールに関する内容です。

 

100円オファー第2弾を受けて、私が得たメリットは3つあります。

 

1:メールでのセールスの仕方を学べた
2:無料ウェビナーを視聴して、自分がやるべきことを再確認出来た
3:タダ同然で書籍を買えた(まだ読んでいる途中ですが、内容も面白いと思います)

 

ビジネスをやっている方だけでなく、副業をされている方、ブログ等で小遣い稼ぎをしたいと思っている方にも参考になる内容となっていますので、是非ご覧下さい。

 

スポンサーリンク

100円オファーの内容とは?

 

定価3,700円の書籍を100円で購入出来るというオファーです。

 

どんな本なのか?

 

ダイレクト出版の社長である小川忠洋さんの著書「インターネットマーケティング最強の戦略」です。本記事投稿時点で未だ読書中なので、レビューは後日アップします。

購入に至った理由

 

私がダイレクト・レスポンス・マーケティングを知るきっかけとなったのは同社の取締役である寺本隆裕さんの「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」です。

 

その寺本さんがセールスライターの師匠と呼んでいたのが小川さんです。また、「ザ・レスポンスマガジン」等で何度か小川さんの書いた記事を読んだときも、文面はぶっきらぼうな所があるけど正論をストレートに書いているという感じで、個人的には好印象でした。

 

その小川さんの著書がタダ同然ならと思い、購入することにしました。

 

天然?それとも戦略?小川さんのメールから学ぶ3つのポイント

 

で。本記事のテーマでもある小川さんからのメール。これがとても面白いんです。面白いだけでなく、見方によっては立派な教材になります。では、具体的に見ていきましょう。

 

①ジキルからの丁寧かつアツいメッセージ

 

先ず、購入直後。決済後10分くらいで小川さんからお礼のメールが来ました。

 

この時のメールは凄く丁寧な文面で意外だったのですが(笑)、本を買ってくれたお礼の言葉と本の概要、著者の思い、そして購入特典としてウェブセミナーに招待するので、是非見て下さいという内容でした。

 

マメだなぁというのが第一印象。システム経由で配信しているメールとは言え、当然悪い気はしませんでした。当日はちょっと忙しかったので、ウェビナーは後日見るつもりでした。

 

②ハイドに豹変…しかしインパクト特大!その内容とは?

 

…が、その翌日のことです。小川さんからこんなメールが来ました。

 

件名この特典↓はもう見た?
本文「昨日紹介した特典のウェブセミナーは見てくれただろうか?(以下省略)」

 

…客に対してタメ口かい。なれなれしい奴だなぁ(-_-#)とその時は思いました。が、何故か頭に残ったんですよ、このフレーズが。別なことをやっていても頭にフッと浮かんでくる。

 

よくよく考えてみればトップクラスのマーケターでありセールスライターですからね。記事の本文を読む人が1人いたとすると、ヘッドライン(見出し)しか読まない人はその5倍(5人)だと言います。

 

読み手の頭に残るフレーズを考え抜いた結果、この件名と書き出しに落ち着いたのではないかという考えに至りました。さすがトップライターですね(笑)

 

③硬軟の使い分け・ストーリー性も考慮した記事の配信

 

それから連日小川さんからメールが配信されてきますが、内容が面白い。

 

ターゲットは明らかに経営者(起業予定の方含む)ですが、単にマーケティングやビジネスに関する主張だけではなく、パン屋さんがダイレクト・レスポンス・マーケティングを導入するにはどうすれば良いのかと相談を受け、まじめに考えた話等、ストーリー性や硬軟の使い分けも上手いと思いました。

 

読み手を引きこもうとしているのがよく分かる…あ、これ誉め言葉ですよ(笑)

 

もちろん、メールの末尾にはセミナー見たか?セミナー見てね。期間限定だよ!というメッセージが付いてくるのはお約束の展開です(笑)

 

…真面目に言えば、どんな記事からでもあまり不自然さを感じさせずにオファーに繋げていっています。こうした書き方も勉強になりました。

 

豊富なインプットが良いアウトプットを生む

 

自分のブログにアクセスを集めたいと思ったら、どんな記事を書けば良いのか?メルマガ登録や会員制サイトに登録して貰うにはどうすれば良いのか?

 

ここってみんな悩むところですよね。

 

結局は「こういった情報が欲しかった!」と読み手に思わせる情報(価値)を提供しなければならないということですよね。

 

特に非公開のメルマガや会員制サイトを購読して貰うなら、公開されている情報以上のメリットが無ければなりません。

 

また、コンテンツの質だけでなく、ボリュームも重要だと思います。

 

…小川さんのメールを「どうせウェビナー見せてバックエンド商品売りたいんだろ?」と考えず、ちょっと引いて1件1件冷静に見ていくと、多彩な内容の記事が毎日配信されてくるのに気付きます。

 

小川さんのメール全てが気に入った訳ではありません。しかし、ついついつられて最後まで読んでしまう内容が大半でした。

 

これは、豊富なインプットによるものだと思います。未だ未だ自分はインプットが足りないということを改めて考えさせられました。

 

まとめ

 

トップライターのメルマガは、購読するだけで自分のビジネスにも充分応用可能
どうやって読み手に記事を印象付けさせるのか、色んなテクニックを学ぶことが出来る
 

いかがでしたか?

 

本当はウェビナーの内容だけアップするつもりだったのですが、あまりに小川さんのジキルとハイドっぷりが面白く…メールを使ったセールス手法がためになったので急きょ投稿してみました。

 

で、いよいよウェビナーを見てみたのですが…これも当たり!もちろん高額オファーはありましたが(笑)、無料ウェビナーだけで数万円の価値はあると思います。
ウェビナーの内容は次回記事でシェアしようと思います。

 

それでは。

 

【関連記事】

【無料ウェビナー】長期的にビジネスを安定させるマーケティング・システムの作り方

「インターネットマーケティング最強の戦略」とは?ビジネスを始める方へおススメの1冊

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事