こんにちは。

 

昨日(2017/5/4)、Google AdSenseの利用が承認されました。
1発合格だったので、とても嬉しかったです(≧▽≦)

 

…と、これだけでは単なる自慢になってしまいますので、現在AdSenseを申請中の方やこれからAdSenseを利用したいという方向けに、当ブログで心掛けた点やどんな取り組みを行ったかをお伝えしようと思います。

 

スポンサーリンク

Google AdSenseとは?

 

Googleが提供する広告配信サービスです。
私たちサイトオーナーが広告ユニットをページに配置することで、Googleがページを閲覧しているユーザーに最適な広告を表示してくれます。

 

その広告をユーザーがクリックすると、サイトオーナーに報酬が発生する仕組みになっています。
1クリック当たりの報酬は10~30円程度とのことです。

 

何故、Google AdSenseを利用しようと思ったのか?

 

私がAdSenseを利用しようと思った理由は下記2点です。

 

①収入が欲しい

 

率直に言います。たとえわずかな金額でも、貰えるものは貰いたいからです(笑)

②自分のサイトがGoogleやユーザーにどう見られているかが分かると思ったから

 

Adsenseを利用する為にはGoogleに申請を行わなければなりません。端的に言えば、Googleから不適切なサイトだとジャッジされれば却下されると聞きました。

 

今後、当ブログを育てていく上で検索サイト1位のGoogleがどういう評価をするのかが知りたかったこと。

 

加えて、Adsense報酬は前述の通り安いので、まとまった報酬を叩き出すには相当数のユーザーがサイトを来訪する必要があります。

 

Google Analyticsでも来訪ユーザー数やページビュー(PV)数は見れますが、AdSense報酬が向上していくようなブログなら、相当数のユーザーが当ブログを見に来てくれているということにもなります。

 

当ブログを運営していく上で自分の励みにもなると思ったからです。

 

Google AdSenseを利用する為に心掛けたこと

 

①コンテンツ

 

Googleは、検索ユーザーにとって有益なコンテンツを最も高く評価するそうです。

 

当ブログのメインテーマはダイレクト・レスポンス・マーケティングやセールスライティングであり、一般受けするサイトではないと思っていますが、ユーザーの役に立つのではないかと思うことを取り上げ、記事の書き方も試行錯誤を続けてきたつもりです。

 

記事を書くときに意識している点は、以下3点です。

Adsense申請時に心掛けたポイント
① 記事を読んで下さっている人の役に立つだろうと思ったことを書く
②記事は自分の言葉で書き、自分の考え・感想を極力盛り込む
③引用箇所は明記する。当ブログは、コピペは引用箇所だけ

 

これが結果的にGoogleのポリシーとも合致したため、1発合格出来たのではないかと考えています。

 

私は未だ未だ未熟であり、今後もコンテンツの改善を続けていこうと思っていますが、AdSense審査をパスする上で一番大切なポイントは、サイトを閲覧する人にとって少しでも有益な情報発信を行うことだと思います。

②AdSenseポリシー、その他必要ポリシーの把握

 

ポリシーや利用規約は正直読むのがしんどいですよね。ですが、AdSenseの利用は一種の契約です
お金を貰う以上、契約内容を履行する必要があります。

 

契約違反と判断され、もしアカウント停止となったら…最悪ですよね。
「AdSense アカウント停止」で検索してみると、出るわ出るわ…凄い数の記事が出てきます。

 

個人的には、Googleの各種ポリシーについては定期的な確認と学習が必要だと感じました。ある程度以上理解してからでないと、個人的には怖くてAdSense広告が貼れません。。。

 

もし、この記事を読んでいるあなたがAdSenseを使うのであれば、必ず理解すべきだと思います。

 

また、審査に通らない方がポリシーに準拠していないとGoogleからダメ出しされているケースもあると聞きますので、審査中の方やこれから申請される方は必ずGoogleポリシーを熟読することを強くお勧めします。

 

以下はGoogleの各種ポリシーのリンクです。

 

AdSense プログラムポリシー

 

AdSense コンテンツポリシー

 

ウェブマスター向けガイドライン

 

これらのポリシーについては、自分の備忘録も兼ねて後日まとめ記事を作成しようと思います。

 

その他情報

 

①記事数・文字数

 

記事数が少ない、1記事当たりの文字数が少なくて審査に通らなかったという記事も見かけるので、参考までに当ブログのデータをお伝えします。

 

AdSense申請時点での記事数は、21記事です。
申請後は毎日1記事更新していたので、承認連絡が来た時には24記事になっていました。

 

申請時点での1記事あたりの文字数は最大2,333文字、最低471文字。平均文字数は1,465文字でした。

 

また、申請時点での21記事のうち、1,000文字以下の記事数は5。2,000文字以上の記事数は2となっています。

 

②画像

 

著作権/肖像権の問題でダメ出しされても困るので、当ブログではフリー素材と自分で撮影した画像(キャプチャー等)や写真(書籍の写真)を使用しています。

 

購入した本やサービスの写真・画像をアイキャッチに使っていたので、そこが心配だったのですがお咎めはありませんでした。

 

③アフィリエイトリンク

 

記事中の4~5か所に貼ったまま申請しましたが、こちらもお咎めなしでした。

 

但し、サイドバーや固定ページには貼っていないのと、今後同じページにアドセンス広告とアフィリエイト広告を掲載して良いのか等、詳細について私は未だ把握出来ていません。あくまで、AdSense申請時にはOKだったと参考にとどめておいて下さい。

 

Google AdSense申請時の流れ

 

私の場合は以下の流れでした。

AdSense申請時の流れ
①Adsenseにログイン(Googleアカウントが無い方はアカウント作成が必要)
②必要事項を入力する
③所定のコードを当ブログのheader.PHPのhead内に貼り付けるよう、Googleから指示され対応
④審査に3日ほどかかるという画面に切り替わる
⑤3日後に承認メールが届いた

 

Adsenseの申請に際して、私が参考にさせて頂いたのはこの方のサイトです。
非常に分かり易く、ポイントや失敗談等も掲載されていますので是非参考にしてみて下さい。

 

唯一異なる点は、私の場合1次審査無しで2次審査から始まったことです。審査方法は何度か変更されているようですので、分かりやすい記事を参考にしながらGoogleの指示に従えば問題ないと思います。

 

まとめ

 

Adsense申請に関するまとめ
①Google AdSenseの審査を通す上で必要なポイントは、コンテンツの中身とポリシーの理解の2点である
②不適切な広告の掲載やコンテンツの投稿はアカウント停止の恐れがある。審査通過後もポリシーの理解を深め、少しでも有益なコンテンツを配信する努力が必要

 

いかがでしたか?

 

個人的には第1関門を突破することが出来、次の段階に進むことが出来ましたが、ポリシーの理解や適切な広告の表示等、学ぶべきことは未だ未だ多いと感じています。

 

今後も「ブログへの適切な広告掲載」という観点で、良い情報があればシェアしていこうと思います。

 

それでは。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事