ほぼ全ての事業者が、メルマガ(会員)登録を勧めてきますよね。
いざ登録すると迷惑メールか?と言いたくなる悪質なメルマガも確かに存在します。ですが、自分の力で稼ぎたいと思っている人こそメルマガを活用すべきなのです。

 

その理由をお教えしましょう。

スポンサーリンク

何故、多くの事業者がメルマガの登録を勧めるのか?

インターネットを見ていても、リアルでショップに行っても…ほぼ必ずと言って良いほど勧められるのがメルマガやSNS、あるいは事業者独自のメンバーシップへの登録だと思います。
(以下、「メルマガ」とまとめて表記)

 

あなたも今までにいくつかのメルマガを購読したことがあると思います。
ほとんどのメルマガは無料です。しかも、何かしらの特典をウリに募集しています。

 

会員限定で特別セールの案内やイベントへの招待、プロが教えるちょっとしたノウハウの提供など、あの手この手で勧誘合戦を繰り広げているのが実態ですよね。

 

情報を受け取る側は基本無料です。見るも見ないも自由。
しかし、情報を発信する側はそれなり以上のコストをかけている訳です。そこまでして、何故メルマガ登録を促すのでしょうか?

メルマガを発行する「真意」を理解すべき

(既にお気付きかもしれませんが)先に結論から言うと、メルマガを運営すれば「売上が上がる」んですよ。しかも、継続的に。

 

例えば…ダイレクト出版という企業があります。
怪しい(笑)バナー広告があちこちに出ているので、あなたも見たことがあるかもしれませんね。

 

そのダイレクト出版の場合、年商の70%はメルマガから上がっているそうです。

 ダイレクト出版のメルマガやセールスレターで度々使われているメッセージなので嘘ではないはずです

 

広告はまさに、「星の数ほど」あります。
よほど興味が無ければ、何回も同じ広告を見ることはしませんよね?

 

しかし、メルマガなら毎日でもメッセージを送り続けることが出来ます。
その結果何が起こるかと言うと、一定層の読者にはメルマガの発行者に対する親近感が湧いてきます。
メルマガを書くのが上手い人の場合は、熱狂的なファンも獲得していますね。

 

…で。機が熟した頃にセールスを仕掛けるとどうなるか?
あとは言わずともお分かりでしょう。親近感を抱いている人、またはあこがれの人から勧められた商品・サービスはそれだけで購買意欲を高めるからです。

 

これが、事業者が熱心にメルマガ登録を勧める真の理由です。

これは、「必要悪」である

「結局は売り込みのためじゃないか」

 

とあなたは思ったかもしれませんが、その通り。
全ては売り込みのためです。

 

ハッキリ言っておきますが、世の中そんなに都合の良い話などありません。
売上を上げ続けたいから、エサをぶら下げているんです。

 

ただ、メルマガ登録を勧める事業者のことをどうこう言っても何も変わりませんし、あなたにとって何のメリットも生まれません。

 

むしろ時間を無駄にし、ストレスをため込むだけでしょう。

 

あなたがどんなに広告やセールスが嫌いだとしても、お気に入りの商品やサービスが1つ2つはあるはずです。もしもその商品やサービスが無くなったら…あなたにとって深刻な問題になりませんか?

 

お気に入りの商品・サービスは(自分が使い続けているうちは)なくならないで欲しいと考えるのが人間という生き物の「性(さが)」です。なくならないためには、事業者が事業を継続出来なければなりません。

 

ということで、メルマガによるセールスは「必要悪」なのです。
まずは、この真実を理解することが大切なのです。

メルマガ登録によるデメリット

さて、メルマガの真実をお伝えしたところであえて提言しますが、メルマガとはシャットアウトするものではなく、活用すべきものです。

 

特に、あなたが自らの力で稼ぎたいと考えているならメルマガで配信されている情報を積極的に活用することが成果につながります。

 

その理由をお伝えする前に、まずはメルマガ登録により発生するデメリット(リスク)を見ていきましょう。リスクは、3つあります。

 

メルマガ登録のリスク
リスク1:自分のメールアドレスの「汚染」
リスク2:つい、買わされてしまう
リスク3:(買わされたことにより)金銭的、精神的な損害を被る

自分のメールアドレスの「汚染」

最悪のリスクが、自分のメールアドレスの「汚染」です。
汚染とは、身に覚えのない事業者から大量の意味不明なメールが届くことです。

 

これは副業・起業系…「誰でも・すぐに稼げます!」「毎日◎分スマホを操作するだけで月収◎万円!」のような怪しい情報商材や塾などを販売している事業者のメルマガに登録するとよく発生するパターンです。

 

対処法は、この手の事業者は一切シャットアウトし、決して個人情報を提供しないことです。
(どうしても気になる場合は、捨てアドレスを登録して何を言ってくるか見てみること。…見る価値もないものがほとんどですが)

 

メールアドレスの汚染が最も深刻なリスクだと言った理由は、重要なメールが不要なメールの山に埋もれてしまうことにより、あなたのビジネスやプライベートに損害を与えるリスクがあるからです。顧客や取引先との関係が悪化する…それはまさに最悪のリスクと言えるでしょう。

つい、買わされてしまう

次のリスクは、つい、買わされてしまうことです。
買う気なんて全くなかったのに、つい買ってしまった…こんな経験は、誰でも1度や2度はあるはずです。

 

コピーライティングやプレゼンといった、人に行動を促す文章やトークスクリプト(台本)がメルマガの本文やその誘導先では多用されます。
こうしたスキルの使い手が作成した文章や音声/動画には、人を引き付け、欲求を高める効果があります。

 

その結果、つい買わされてしまう人が続出する訳です。

 

対処法は、モノの購入は「ジャストインタイム」という鉄則を徹底すること。
言い換えれば、「今すぐ必要なものだけを買う」ことです。

 

対して、「ジャストインケース」という考え方…「持っていればそのうち使うだろう」という考えだと際限なくお金は飛んでいきます。どんなに欲しいと思ったモノでも、飾っておいては何の意味もありません。

 

「これは本当に今必要なものだろうか?」と、常に自分に問いかけてみて下さい。
そうすることで無駄な買い物はしなくなります。

(買わされたことにより)金銭的、精神的な損害を被る

最後のリスクは、(買わされたことにより)金銭的、精神的な損害を被ることです。

 

まるで洗脳されたかの如く、使えるお金を全て突っ込んだり、借金までして買い続ける人がいます。このような人は当然、金銭的、精神的に大きな損害を被ります。しかし、その洗脳は先ほどお伝えした通り「ジャストインタイム」を徹底することで解くことが出来ます。

 

加えて、あと2つ有効な処方箋があります。それは、徹底的なリサーチを行うこと。
そして、購入したものを徹底的に使い倒すことです。

 

セミナーや懇親会等で色んな方とお話をしていて思うのが、「せっかくの買い物なのに、全然使い倒していないなぁ…」ということです。使い捨て前提で購入したのならいざ知らず、大金をはたいて購入したものなら使い倒すべきです。

 

使い倒すためには衝動買いではなく、今の自分に最も必要なものは何かを冷静にリサーチする必要があります。期限が…と思うかもしれませんが、特に売れ筋商品の場合はしばらくするとまたセールスが始まるケースがほとんどです。

 

慌てずに、今のあなたに必要なものが何かを冷静にリサーチしましょう。そうすれば洗脳されることもありませんし、大きな損害を受けることもありません。

メルマガ登録によるメリット

対してメルマガ登録により、あなたが得られるメリットは何かをお話しします。
メリットは、以下3つです。

 

メルマガ登録のメリット
メリット1:「売れる」セールスの仕方を学べる
メリット2:非公開情報を自分のビジネスに活用し、成果を生み出せる
メリット3:より良い条件で購入出来る

 

 ※当然のことながら良質なメルマガを複数購読していることが大前提です。
自分のためにならないと感じたメルマガは定期的に解除しましょう。

「売れる」セールスの仕方を学べる

最も大きなメリットは、「売れる」セールスの仕方を学べることです。
有形商品はAmazonや楽天等のランキングをチェックすれば大体の売れ行きが分かりますよね。「あの」情報商材ですら、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)のランキングを見れば売れ行きが分かります。

 

こうした「売れ筋商品」は、どのようなセールスを仕掛けて売上を上げ続けているのか?
こうした仕掛けがメルマガを見ていればほぼ分かります。

 

もちろん、ライティングの経験がない人間が売れるセールスコピーを書ける訳ではありませんし、反応の取れる動画を撮影出来る訳でもありません。

 

しかし、全てを業者に外注する場合でもどうやって集客し、どのタイミングでどんなセールスを仕掛けるかというアイディアを持っている人といない人とでは、成果が出るまでに大きな差が生じます。
まして、セールスプロセスの何らかのパートをあなた自身が行うなら、効果的な方法が分からなければ成果は出せません。

 

多くの売上を上げている事業者の「セールスの仕方」を常に学んでおくことは、非常に重要なことなのです。

非公開情報を自分のビジネスに活用し、成果を生み出せる

次のメリットは、「非公開情報を活用できること」です。
多くの事業者は、購入を訴求する「殺し文句」や特典などを公開しません。何故なら、競合に手の内を見せることになるからです。

 

つまり、インターネット等で誰もが知りえる情報とは、公知の情報(ほとんどの人が知っている情報)や核心には触れていない情報がほとんどなのです。しかし、コピーライティングやプレゼンの出来る人間の手に掛かれば、これらの情報が魅力的な案内に変わります。こうして、集客活動を行っている訳です。

 

しかし、メルマガ登録者はせっかく集めた大切なお客さん。離脱されると売上に影響するので、事業者は離脱防止の為にメルマガや会員サイト上で様々なエサをまきます。その中の1つが非公開情報です。

 

非公開情報は、後々セールスにつなげるために公開情報よりも数段有益な情報を配信することが多いです。
私も他社のメルマガやセールスレター、ウェビナーで知ったアイディアを私自身やクライアントに使った結果、成約に結びついたことが何度もあります。

 

こうした非公開情報を活用すれば、それこそタダで売上につなげていくことが出来る訳です。

より良い条件で購入出来る

まぁこれは当たり前のことですが、買ってもらうためにメルマガの読者集めをしている訳ですから、メルマガ読者に対しては価格や特典等の条件が優遇されるケースが多いです。

 

私の場合、事業者のオファー(提案)と価格をチェックしておいて、一番良い条件の時に買うようにしています。

 

マーケティングやライティングに関する書籍や教材の場合、数千円から数十万円の金額が動くので、ベストな条件を待つだけで年間数十万円もの経費を削減出来るようになりました。

「真意」を理解した上でメルマガを「活用」しよう

メルマガ発行の「真意」とは、売上を上げること。
これは間違いありません。

 

しかし、この「真意」を理解した上で「ジャストインタイム」さえ徹底出来れば、あなたは良質なメルマガを購読することで多くのメリットを得ることが出来ます。

 

大切なことは、良質なメルマガを見つけることと、得た情報を活用することです。

 

良質なメルマガとは、日頃からあなた自身に何らかの価値を提供してくれるもの。毎回売り込みばかりのメルマガは、読む価値が無いと思って問題ありません。

 

登録だけして未読のメルマガがたまっている人も多いですが、有益なメルマガに絞って購読することでビジネスの成果につながる良質な情報を得られるのは間違いありません。

 

まずは今購読しているメルマガの再確認から始めてみることをお勧めします。
良質な情報に触れる機会を増やし、成果につなげていきましょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事