独自ドメインを取得しよう!

…と意気込んだのはいいものの、どんなドメインが良いのかお悩みではないですか?

 

このコンテンツではこれからウェブサイトを立ち上げるあなたに、失敗しないドメイン取得のポイントを解説します。

スポンサーリンク

そもそも、ドメインとは何か?

ドメインとは、「インターネット上の住所」のようなものです。

ドメインは「レジストラ」と呼ばれる専門の企業・組織を通して取得します。

 

取得と言っても買い取りではなく、正確には使用料を払って使う形となります。

(更新しなければ、ドメインの使用権限はなくなります)

 

ドメインは、第1レベルドメイン※と第2レベルドメインから構成されます。

 

 ※【注記】
第1レベルドメインは、トップレベルドメイン(TLD)とも言う。

このコンテンツでは以降TLDと表記。

 

…と言われても、文章だけではイメージが湧かないでしょう。
まずは以下画像をご覧下さい。

 

上記画像は、お名前.comより引用。
詳細を知りたいなら、右下のリンクをクリックして下さい(お名前.comに飛びます)。

いわゆる独自ドメインとは、TLDにあなた自身が使いたい文字列を第2レベルドメインとして組み合わせたものを指すのです。

ドメイン取得時に押さえておくべき3つのポイント

ドメインについて、具体的なイメージが湧きましたか?
ここからはドメイン取得時のポイントについて解説していきます。

 

具体的なポイントは以下の通りです。

ドメイン取得時のポイント
・分かり易いドメインの取得が望ましい
・TLDが持つそもそもの意味合いと取得条件を理解すること
・希望するドメインの使用状況を確認し、場合によっては変更すること

以下、具体的に解説していきます。

ポイント1:分かり易いドメインを取得しよう

 

ドメイン取得時の最初のポイントは、あなたのビジネスをイメージしやすい(分かり易い)ドメインを取得することです。

具体的には、以下のような例が挙げられます。

分かり易いドメインの例
・屋号・商号をドメインとして取得
・ウェブサイトのタイトル(コンセプト)に合ったドメインを取得

上記いずれかを選択するのがベストです。

 

その理由は、第三者(ユーザーや顧客)からすれば探しやすく・覚えやすいからです。

探しやすさ・覚えやすさは当然集客にも影響します。

 

あなたが何かを買う前提で検索するときのことを思い出してみて下さい。
検索する際に打ち込むのは、買いたいものを販売している会社やお店の名前ですよね?

 

同じ理由から、ウェブサイトのコンセプトやタイトルを第2レベルドメインに使うのも良い方法です。
屋号・商号以外を使う場合にはこのやり方をおすすめします。

 

POINT!ドメインを取得する際には、分かり易さ・イメージしやすさを意識する。

 

まずはこのポイントを押さえておくようにして下さい。

ポイント2:TLDの意味合い/条件を踏まえて取得すること

 

全てのTLDには、もともと使用を想定された業種や地域といった「意味合い」があります。

「意味合い」に加え、業種や地域限定といった「条件」がつくものもあります。

 

これらの意味合いと条件を踏まえてドメインを取得する必要があります。

 

TLDには有名どころの「.com」「.net」をはじめ、さまざまなドメインが存在しています。

先に結論から言えば、「.com」「.net」「.jp」あたりが無難なのは間違いありません。

 

ただ、上記3つ以外は使うべきでないのかと言われればそれは違います。

多様化したドメインの中から、自分のビジネスに合ったTLDや価格面でTLDを選択するのは良い戦略です。

 

まぁ、インターネットあるあるですが、皆言ってることがてんでんばらばらなのが実態です(笑)。

なまじ調べてしまうとどの意見を参考にすれば良いのか、悩むこともあるでしょう。

 

TLD選びのポイントとしては、以下2点を押さえておくことです。

TLD選びのポイント
・取得出来ないTLD
・取得出来るが、使うべきでないTLD

それでは具体的に解説していきます。

①取得出来ないTLD

取得出来ないTLDとは、

 

・特定の国に居住する人/組織だけが取得可能
・特定の業種に従事する人/組織だけが取得可能

 

といった、特定の条件を満たさないと取得出来ないTLDを指します。
よく見かけるTLDを例に挙げると、

 

「.jp」 :日本に住所がある個人・法人以外は使ってはいけない
「co.jp」:日本の法人(会社)以外は使ってはいけない
このように、取得には条件がつくTLDが存在するのです。

 

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)は、取得可能なドメインを一覧表でまとめています。

ドメイン取得時の参考にしてみて下さい。
ドメイン名の種類 - JPNIC

 

②使うべきでないTLD

使うべきでないTLDとは言葉の通りで、取得は出来るが使用はおすすめ出来ないドメインのことです。

最たる例は、

 

BAD!ビジネスで「.org」ドメインを使う

 

 【注記】

「.org」:主に非営利団体を表すTLD

 

営利を追求するビジネスで非営利団体を表す「.org」ドメインは使うべきではありません。

 

TLDだけを見てマイナス判断する人はそう多くないかもしれません。
特に一般消費者相手のビジネスなら、大きな問題にはならないかもしれません。

 

しかし、TLDの「そもそもの意味合い」を知っている人は結構多いです。

 

「何故、非営利組織?」と疑問に思う人もいるでしょう。

単なる疑問ならまだ良いですが、それこそネット上で騒がれればマイナスにしかなりません。

 

あなた自身のビジネスにマイナスの印象を持たれない為にも、適切なTLDを取得していきましょう。

希望するドメインの使用状況を確認すること

 

最後のポイントは、他者が同じドメインを取得していないかをチェックすることです。

その理由は2つあります。

ドメイン取得状況をチェックする理由
①ユーザーの誤解を招く恐れを防ぐため
②同じドメインを取得している個人/法人とのトラブルを防止するため

他者の商号・商標や商品・サービス名などをそのままドメインにする、もしくは類似ドメインを取得して集客するウェブサイトの存在は、しばしば話題になります。

 

後発組が同一もしくは類似した第2レベルドメインを使用すると、先行者及び検索ユーザーから便乗商法のレッテルを貼られるリスクがあります。

最悪の場合訴訟沙汰になります(実例多数)ので、十分注意する必要があります。

 

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は、ドメイン取得時の注意点とリスクを分かり易くまとめてくれています。
こちらも是非一度、確認してみて下さい。

 

ドメイン名登録の際の注意 | JPドメイン名の登録 | JPRS

 

POINT!ドメイン取得の前に、希望するドメインの取得状況と運営サイトを必ず確認すること。

 

取得されている場合はどのようなウェブサイトか、どのようなビジネスを行っているのかを確認します。

他人に迷惑を掛けないか、その反対に自分が迷惑をこうむらないかを吟味しましょう。

 

不安に思うなら、他と被りが無いドメインを取得するのがベターです。

まとめ

まとめ
・独自ドメインを取得する際に、押さえておくべき3つのポイントがある
・後々トラブルにならないよう、適切なドメインを取得しよう

ドメインは何でも良いと言う人もいます。

しかし、ビジネスを成長させたいなら何でも良くはありません。

あなたのビジネスが大きくなればなるほど、周囲の視線はシビアになるからです。

 

ドメインや商標など、「知的財産」と呼ばれるものの扱いは正直面倒ですし、お金もかかります。

ですが、余計な揚げ足取りを防ぐにはそれ相当の準備も必要です。

 

今やるべき最低限のことは、他者に迷惑をかけるようなドメインの取得や利用はしないことです。

まずはこのコンテンツを参考に、あなたに合ったドメインを探してみて下さい。

 

それでは。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事