ユーザーにとっても、サイトオーナーにとってもメリットのあるfeedly登録ボタンですが、正常動作しない事象が散見されます。
このコンテンツではfeedly登録ボタンの動作確認方法と、正常動作しない場合の対処法をお伝えします。

スポンサーリンク

今すぐ確認を:あなたのfeedly登録ボタンは正常動作するか?

チェックしたいウェブサイトの更新情報を自動で取得してくれるRSSリーダーは、とても便利なツールですよね。

ウェブサイトにRSSリーダー登録ボタンを設置すると、ユーザーにもサイトオーナーにもメリットが生まれます。

 

RSSリーダーの中で最大シェアを誇るサービスが「feedly」。

登録ボタンを設置しているウェブサイトも多いですが、あなたが自分のウェブサイトにfeedly購読ボタンを設置しているなら、今すぐ確認して欲しいことがあります。

 

CHECK!「feedly登録ボタンは正常に動作していますか?」

 

と言うのも、いざfeedly登録ボタンをクリックしてもエラー画面が表示され、更新情報を取得出来ないという事例が散見されているからです。
当サイトも、初めてfeedly登録ボタンを設置したときは正常動作しませんでした。

 

それではさっそく、不具合と対策について解説していきます。

feedly登録ボタンを設置してみようと思っている方や、不具合にお悩みの方の参考になれば幸いです。

feedly登録ボタンの動作確認方法

確認方法はシンプルで、あなたが設置しているFeedly登録ボタンをクリックするだけです。
クリック後に表示される画面で、正常動作しているか否かが分かります。

①正常動作している場合

 

feedly登録ボタン 正常表示例

正常な場合のポイントは以下の通りです。

feedly登録ボタン 動作確認のポイント
・サイト名が表示される
・キャッチフレーズが表示される(設定している場合)
・「FOLLOW」ボタンが表示される
・直近の投稿も表示される

POINT!「FOLLOW」ボタンが表示されれば更新情報を取得出来ます。

この状態が正常です。頭に入れておいて下さい。

②不具合が発生している場合

feedly登録ボタン 不具合表示例

 

対して、不具合が発生している場合は上記のような画面が表示されます。

「ページが見つかりません」というエラーメッセージが表示されていますよね。

 

これでは、ユーザーがあなたのウェブサイトを登録出来ません。

厳密に言えば、ユーザーが自らfeedlyを開き、URLを入力して検索すれば更新情報の取得は出来ます。

 

ただ、それではあまりに不親切です。

不具合が発生している場合には、以下に示す対策をもとにコードを修正する必要があります。

不具合解消方法

私は不具合の原因を解説出来るほど詳しくないので、原因についてはここでは触れません。

 

不具合の対策としては、取得したコードを一部書き換えることです。

コードの書き換えにより、feedly購読ボタンは正常に動作するようになります。

 

では、さっそく不具合解消方法を解説していきます。

自動生成コードを一部書き換える

まずは自動生成されたコードを好きな場所(feedly登録ボタンを設置したい場所)に貼り付けます。

次に、コードの前半部分を書き換えます。

 

当サイトの場合は以下のように修正しました。

Before(自動生成されたコード)

<a href="http://cloud.feedly.com/#subscription%2Ffeed%2Fhttp%3A%2F%2Fhttps%3A%2F%2Fstrategic-alliance1.com" target="blank">
<img id="feedlyFollow" src="http://s3.feedly.com/img/follows/feedly-follow-rectangle-volume-big_2x.png" alt="follow us in feedly" width="131" height="56" /></a>

 

以下のfeedly登録ボタンは、上記のコードを貼り付けたものです。
しかし、クリックして貰えば分かると思いますが表示されるのはエラー画面です。


follow us in feedly

After(書き換えたコード)

<a href="http://feedly.com/i/subscription/feed/https://strategic-alliance1.com/feed/" target="blank">
<img id="feedlyFollow" src="http://s3.feedly.com/img/follows/feedly-follow-rectangle-volume-big_2x.png" alt="follow us in feedly" width="131" height="56" /></a>

 

変更点のみ抜粋すると、以下の通りとなります。

<a href="http://feedly.com/i/subscription/feed/あなたのサイトURL/feed/" target="blank">

 

コピペする場合は、上記の「あなたのサイトURL」という部分をあなたのウェブサイトURLに書き換えて下さい。

(例:https://example.com)

 

以下のfeedly登録ボタンは、書き換えたコードを貼り付けたものです。
クリックしてみて下さい。正常にフィード画面が表示されるはずです


follow us in feedly

img以降はボタンのデザインに関するコードですので、基本いじらずで良いでしょう(ボタンのサイズを変更したければ、widthとheightの数値を変更する)。

 

コードを書き換えたら、動作確認を行います。

正常動作を確認

コードを書き換えた後、feedly登録ボタンをクリックして正常に動作するか確認します。

先ほどお見せした画像を再度掲載します。

feedly登録ボタン 正常表示例

このように表示されていればOK。feedly登録ボタンの設置完了です!

まとめ

まとめ
①feedly登録ボタン設置時にエラーが発生することがある。必ず正常動作するか確認すること
②エラーが出た場合、本記事記載内容を参考にコードを一部修正すれば正常動作する

feedly登録ボタンの設置は、ユーザーにもサイトオーナーにもメリットを生みます。

あなたがサイトオーナーなら、feedly登録ボタンは設置すべきです。

 

しかしながら、不具合のせいで登録ボタンが正常動作していないウェブサイトが散見されるのも事実です。

せっかく訪れてくれたユーザーに、再訪して貰うきっかけを提供しないのではビジネス上大きな損失となります。

 

ソーシャルメディアのシェアボタンやRSS、pocketなどの登録ボタン設置の際には正常動作するかを都度確認し、ユーザーが快適にコンテンツを閲覧出来るようにしていきたいですね。

 

 ※注記:
当コンテンツは、私が初心者時代に経験・投稿した記事をもとに書き起こしたものです。
本記事執筆時点(2018年1月)でも同様の不具合発生を確認しており、対策も未だに有効であることを確認しています。
あなたのfeedly登録ボタンが正常動作しない場合には、この記事の記載通りにコードを修正すれば正常動作するはずです。

 

 

それでは。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事