• ビジネス構築
    失敗しないビジネスコンセプトの作り方
    2018-01-24
  • ビジネス構築
    初心者が独自ドメイン取得で失敗しない3つのポイント
    2018-01-27
  • ビジネス構築
    ウェブサイト立ち上げ時の3つの課題…あなたはご存知ですか?
    2018-01-25
  • WordPress
    集客に成功するサイトの作り方【第3章:テーマ選び】
    2018-02-01
  • WordPress
    集客に成功するサイトの作り方【第1章:事前準備】
    2018-01-26
  • WordPress
    集客に成功するサイトの作り方【第2章:契約】
    2018-01-28
feedly管理画面のメンテナンス方法(2018年版)
スポンサーリンク

feedly管理画面のメンテナンス方法が変更されたようです。
検索で上位表示されたサイトに記載されている手順では、メンテナンスが出来ませんでした。

 

困っている方もいると思いますので、このコンテンツでは2018年1月に私が実施したメンテナンス手順を解説します。

スポンサーリンク

情報管理の精度を上げるには、適切なカテゴリ分けが必須

feedlyは、ウェブサイトの更新情報を自動で取得してくれる優れたツールです。
しかし、登録サイトを増やせば、その分受け取る更新情報も増加します。

 

ウェブサイトの登録時にどのカテゴリで管理するか確認される仕様になっていますが、登録時のカテゴリを変更したい場合や、もっと細分化したくなることもあるでしょう。

 

登録サイトと更新情報を俯瞰的にとらえ、情報管理の精度を上げる為にはカテゴリの追加・変更などのメンテナンスを行い、視認性を高めることが重要です。

feedly登録サイトのカテゴリ分け方法は?

以下2つの方法があります。

feedly登録サイトの分類方法
①新規登録時にカテゴリを選択または新規カテゴリを追加
②管理画面上でカテゴリを変更

新規登録時のカテゴリ選択/追加については、ナビゲーションに従えば問題無く登録出来るので割愛します。

このコンテンツで取り上げるのは、上記②です。

管理画面を見てチェック!メンテナンス方法の違い

「Feedlyカテゴリ変更」で検索し、上位表示されるサイトをいくつか拝見したところ、管理画面左側に表示される「Personalize」や「Organize」からカテゴリ名変更するという内容がほとんどでした。

 

ところが、私のfeedly管理画面を見ても「Personalize」や「Organize」は見当たりません。

 

検索結果に表示されたサイトの画像と見比べると、feedly管理画面自体も微妙に違っていました。

あちこちいじってみた結果、私の管理画面ではメンテナンスを行う場所が違うことが分かりました。

 

POINT!メンテナンスを行うには、下図で示した「…」をクリックする

 

 

恐らく、管理画面の表示(仕様?)が変わったと思われます。

 

ブラウザやアプリのようにバージョンが確認出来れば良いのですが、残念ながらバージョン情報を見つけることは出来ませんでした。

 

スマートな方法ではありませんが、ご自分のfeedly管理画面と上記画像とを見比べてみて下さい。

同じ画面が表示されるなら、このコンテンツに記載した手順通りでメンテナンスが可能です。

 

それでは、以下に私自身の備忘も兼ねて作業内容を記載します。

既存のカテゴリ名を変更する方法

①名前を変更したいカテゴリをクリックします。
②画面右側にある「…」ボタンをクリックします。


③メニューが表示されるので、「Rename」をクリックして下さい。


④カテゴリ名を任意の名前に変更します。最後に「SAVE」ボタンを押して、カテゴリ名の変更は完了です。

登録済みサイトを別のカテゴリに移動する方法

①別のカテゴリで管理したいウェブサイトを選択します。
②画面右側にある「…」ボタンをクリックします。


③メニューが表示されるので、「Organize」をクリックして下さい。


④現在登録されているカテゴリが上段に表示されます。

下段に他のカテゴリが表示されるので、移動したいカテゴリにチェックを入れ、「SAVE」ボタンをクリックすればカテゴリの移動(変更)は完了です。

 

⑤新しいカテゴリを作成し、そこに移動したい場合には画面最下部の「+NEW FEED」ボタンをクリックします。

 

⑥すると、新規カテゴリの作成画面に移動しますので、新たなカテゴリ名を作成して「SAVE」ボタンをクリックして下さい。

 

⑦新規カテゴリに移動したいウェブサイトが登録されたことを確認し、「SAVE」ボタンをクリックします。

 

これで新規カテゴリへの移動が完了しました。

おまけ:カテゴリ変更の他に出来ること

「…」ボタンをクリックして表示されるメニューで、他に出来ることは以下の通りです。

①「Unread only」

チェックを入れると未読記事のみ表示されます。
一度読んだ記事をまた読みたい場合にはチェックを外しましょう。

②「Open in website directly」

ワンクリックで直接ウェブサイトに飛べます。

抜粋表示を読むのではなく、直接ウェブサイトを見たいならチェックを入れましょう。

(通常は抜粋表示され、「VISIT WEBSITE」ボタンをクリックするとウェブサイトに飛べる)

③「Rename」「More settings」

登録サイト名を変更出来ます。

④「Unfollow」

フォロー(更新情報を取得)しているウェブサイトを解除します

いったん解除してしまうともう探せないサイトもあるかもしれません。取扱注意です!

まとめ

まとめ
①feedly管理画面上でメンテナンスを行うには、画面右側の「…」ボタンをクリックすること
②カテゴリ編集・追加以外の機能も「…」ボタン配下にメニューがあるので、自分の用途に合わせてカスタマイズが可能

Feedlyに限らず、ツールやソフトウェアは常に最新バージョンにアップデートされています。

使用方法や手順を公開してくれるサイトオーナーには純粋な感謝の念しかありませんが、古い情報は使えなかったり、混乱のもとになったりすることも多いです。

 

今回は、たまたま私が作成中のコンテンツでfeedlyを取り上げていたので分かる範囲で公開しましたが、最新情報を公開して貰えると私に限らず助かる人は多いはずです。

 

WordPress初心者の方でどんなコンテンツを作れば良いのかとお悩みの方には、こうした最新情報や手順の投稿をお勧めします。

スキルも身に付くし、アクセスも集まるので一石二鳥です。

 

それでは。

 

スポンサーリンク
関連キーワード
WordPressの関連記事
  • 集客に成功するサイトの作り方【第3章:テーマ選び】
  • 集客に成功するサイトの作り方【第2章:契約】
  • 集客に成功するサイトの作り方【第1章:事前準備】
  • feedly管理画面のメンテナンス方法(2018年版)
  • feedlyアカウント/登録ボタンの作成方法
  • あなたのfeedly登録ボタンは正常動作していますか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
諸刃の剣:DRMの効果と詐欺商材を考える
ダイレクト・レスポンス・マーケティング
「DRMって詐欺商材の売り方だよね」…ネットで散見されるこういった書き込みを見ると、DRMを学ぶ者としては悲しくなります。が、実際調べてみる...