働き方改革による副業の容認もあり、企業に頼らずお金を稼ぎたいという人が増えています。
しかし、自ら価値提供を行いお金を稼ぐにはスキルを学び、磨き続けることが必要です。

 

そこで、この投稿では初心者が基礎を最短最速で身に付ける方法を解説します。

スポンサーリンク

独学で学ぶ場合、知っておいて欲しい「真実」がある

「雇われではなく、自らの力で収入を得たい」

 

こう考えたとき、まず考えるべきはあなたが提供出来る「価値」ですよね。
集客やセールスなど、ビジネスを成功させるために重要なスキルはいくつか存在しますが、収入を得る大前提は、あなたが提供出来る「価値」です。

 

仮にマーケティングやセールスのプロが束になっても、価値のない(低い)ものを売り続けることは出来ません。1度使えば、モノの良し悪しはすぐに伝わるからです。

 

あなた自身が持っているスキルやノウハウをさらに磨くも良し。新たなスキルやノウハウを身に付けるのも良し。…いずれにせよ、自ら価値提供を行い対価を得るためにはお金になる価値を身に付け、磨き続ける必要があります。

 

では、「スキルやノウハウ」を最短最速で学ぶベストな方法とは何でしょうか?

 

ベストな方法は、プロに教わること。可能な限りマンツーマンまたは少人数制がベストです。しかし、お金や時間の問題でそれは出来ないという場合もあるでしょう。

 

そんな場合に候補に挙がるのが、スクールや独学になりますよね。
コストだけを考えれば、独学が最も低コストにはなります。ですが、特に初心者が独学でスキルやノウハウを学ぶ場合、陥りやすい罠の存在を知り、回避する必要があります。

 

先にお伝えしておきますが、「あなた自身が何かを基礎から学ぶ際には」インターネット上の情報で学ぶのはお勧め出来ません。

 

特に無料の情報は、ダメです。

 

それは何故か?…確かに、インターネット上には膨大な情報が存在しています。無料の情報も多いです。しかし、無料情報の大半はまさに「集客のための情報」だからです。

 

無料情報が初心者に適していない理由と、無料情報にすがる多くの人が陥る問題点の2つを詳しくご説明しましょう。

あなたは、無料情報の「真の意図」を理解しているか?

まず、大前提として覚えておいて欲しいことがあります。

 

それは、「インターネット上の情報は、発信者側が何らかの利益を獲得するために投稿されている」ということです。もちろん、この投稿も例外ではありません。

 

しかし、多くの人々がインターネットを利用している理由は、「面白そうな(有益な)情報を無料で見ることが出来るから」のはずです。単なる暇つぶしの手段として見ている人も多いと思います。

 

このようなインターネットユーザーに対して、情報発信者側が自らの利益確保を最優先し、売り込みばかりしていたらどうなるでしょうか?

 

ほとんどの読者はアレルギー反応を起こしてしまい、話を聞いてくれなくなってしまいます。ですので、まずは無料で価値を提供し、興味を持った「見込み客」を集めている訳です。

 

これがインターネット上の情報の「真実」であり、情報を利用する際に知っておくべき「大前提」です。

 

こうした背景があるので、最終的に有料商品・サービスの販売につなげたい企業や個人のほとんどが、「肝心な部分」を教えることはありません(ある意味、当たり前ですが)。
むしろ、購入を促すメッセージをこれでもかとばかりに送ってくる企業の方が多いです。

 

その結果、無料情報だけで学ぼうとしている方は答えが見えず、どんどん混乱していきます。…こうしてどんどん時間を奪われ、本来やるべきことに注力する時間が無くなっていくという負のスパイラルに陥っていくのです。

 

あなたが今後スキルやノウハウを学ぶ上で、ここでお伝えした「真実」は必ず役に立つはずです。決して忘れることなく頭に留めておいて下さい。

振り回されず、短期間で成果を出すための「解決策」

「何故、そんなことが分かるんだ?」

 

「結局これも自分の主張に誘導しているだけだろ?」

 

…こんな風にあなたは思っているかもしれませんね。

 

信じる・信じないはあなたの自由ですが、今まで説明したことは嘘ではありません。
むしろ成功したければ覚えておくべき「秘密」を明かしているのです。

 

私は、集客や成長するビジネスの作り方をクライアントに教えて生活をしています。
今まで接してきたクライアントや自分自身の過去を振り返ってみても、無料情報にすがった人のほとんどが腹落ちできる答えを見つけられず、苦しみ続けていました。

 

これが現実なのです。

 

(ちなみに、見込み客や競合他社の情報収集に使うなら、インターネットは未だに有益な情報源です。情報の利用法を知っているか否かが重要なポイントになるのです)

 

では、良質な情報を低コストで手に入れ、あなた自身のスキルとして身に付けるにはどうすれば良いのか?…お勧めしたいのが、良質なビジネス書から基礎を学ぶことです。

 

「今どき本かよ…」あなたはこう思ったかもしれませんが、どんなスキルにおいてもスタートアップの際には本から学びを得ることに大きなメリットがあるのです。
その理由をご説明します。

最短最速でスキルを身に付けるための2つのチェックポイント

どんなスキルを身に付けるにせよ、基礎が身に付けば応用は各自が覚えやすい方法で学ぶことが出来ます。しかし、基礎を正確かつスピーディに習得したいなら、2つの重要なポイントを押さえる必要があります。

 

1つ目のポイントは、邪魔者を寄せ付けないことです。もっと具体的に言えば、「余計な情報」をシャットアウトすることなのです。

 

その理由は、当然のことながら初心者には基礎知識がありません。故に、学習中に違うことを見聞きすると混乱を招きます。結果として、多大な時間を浪費してしまいますし、最悪正しく習得出来ないというリスクに繋がってしまうのです。

 

基礎を学ぶ段階で最も有効な戦術は、良い先生やお手本を見つけ、徹底的に自分自身に叩き込むことです。この時、音声や動画の場合はスマートフォンやタブレットを使うのでメールやアプリからの通知といった邪魔が入りやすい。しかし、本の場合これらの邪魔者から隔離された環境で集中して学ぶことが出来ます。

 

そして次のポイントは、「情報の質」です。
昔に比べ、本を出すためのハードルはかなり下がったと言われています。しかし、一般人が簡単に出版出来るものではありませんし、仮に出版したところで売れることはありません。

 

本とは、人が購入して情報を得るもの。つまり、もともと有料商品として作られた商品です。
多くの読者を集め、大量に売りさばくために複数の利害関係者が関与しています。

 

よって、粗悪な情報が本として流通するリスクは作者1人で発行出来る情報商材や電子書籍、レポートなどに比べればかなり低い訳です。

実践すれば、その効果を体感出来るはず

運転中は読むことが出来ない。
満員電車の中で本を広げるのは大変。
持ち運ぶと重い。

 

…こうしたデメリットが本にはあります。しかし、先ほどお伝えした通り邪魔の入らない環境で集中して学べることと、質の高い情報を高確率かつ低コストで手に入れられるというメリットは、オーディオや動画にないメリットです。

 

私たちはオフィスではパソコン。移動中はスマートフォンやタブレットに振り回されがちな日々を過ごしがちです。しかしこれらのデバイスは私たちの生活を助けるものであって、デバイスに振り回される必要は全くありませんよね。

 

他人から価値を認められるスキルとは、まさに「一生もの」です。
ですが、それこそ一生かけて手に入れるのと、短期間で手に入れるのとではまさに雲泥の差が生まれます。

 

月に数時間でも良いので、是非良書を通してスキルやノウハウを身に付ける環境を作ってみて下さい。
特に基礎知識を学ぶ場合、習熟度の速さや質の違いに驚くはずです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事