• WordPress
    集客に成功するサイトの作り方【第1章:事前準備】
    2018-01-26
  • ビジネス構築
    初心者が独自ドメイン取得で失敗しない3つのポイント
    2018-01-27
  • WordPress
    集客に成功するサイトの作り方【第3章:テーマ選び】
    2018-02-01
  • WordPress
    集客に成功するサイトの作り方【第2章:契約】
    2018-01-28
  • ビジネス構築
    失敗しないビジネスコンセプトの作り方
    2018-01-24
  • ビジネス構築
    ウェブサイト立ち上げ時の3つの課題…あなたはご存知ですか?
    2018-01-25
ロングテール戦略+DRMが業種を問わない売上アップを生む?
スポンサーリンク

こんにちは。

 

本日は表題の通り、
今更ではありますが、「ロングテール戦略」についてお伝えしていこうと思います。

 

…当然、「今更書く意図」はありますが(笑)

それはさておき、早速見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

インターネットマーケティングのメリットとは何か?

 

インターネットマーケティングのメリットとは、

 

「24時間365日、ウェブサイトがインターネット上でセールスをしてくれる」

 

ことに尽きます。
この点には異存はないはずです。

 

オフラインビジネスが主流の時代には
見ることすら出来なかった商品・サービスを

 

インターネットの登場によって
その人が探したいときに探すことが出来るようになったのです。

 

あなたが良い商品・サービスを提供していて、
そのメリットを正確且つ最大限に表現出来ているウェブサイトがあれば…

 

あなたが寝ていようが、遊びに行ってようが売上が勝手に上がる。

 

そんな夢のような話が現実になっている訳です。

 

ロングテール戦略が証明した、ビジネス新時代

 

ロングテール戦略とは、

 

「パレートの法則」で有名な上位20%の商品を集中的に仕入れて販売する戦略ではなく、残り80%のあまり売れない商品を中心に収益を上げていくビジネス戦略のこと

 

ロングテール戦略で成功した企業と言えば、
よく引き合いに出されるのがAmazonです。

 

先ほど説明した通り、
インターネットマーケティングを導入することで
ウェブサイトが24時間365日、セールスしてくれる様になりました。

 

しかも、インターネットの普及に伴いターゲット範囲も爆発的に拡大しました。
従来の「市内、町内」広くても「県内、隣県」どころか、日本全国は当たり前。

 

商品によっては全世界を相手にセールスを行うことも出来るようになりました。

 

そのおかげで、
従来の店舗販売では難しかったニッチな商品の販売が
可能となり、売上上昇・売上安定に大きく貢献している。

 

このAmazonの販売戦略は、
読んだことがある方も多いと思います。

 

在庫保管費は従来と変わらないでしょ?
在庫保管費に限れば、確かにそうですね。しかし、店舗をはじめトータルコストは大幅に削減できますよ。

 

ロングテール戦略導入のメリット

 

ここでは2つのメリットを紹介しておきます。

 

①大幅なコスト削減が可能
②赤字から黒字への転換が見込める

 

①大幅なコスト削減が可能

 

顧客との信頼関係を維持する上で、
カスタマーサポートや必要最低限のオフィス機能は必要ですが、
取り扱う商品によっては、店舗さえも不要となりました。

 

・立地にこだわり高い賃料を払う必要性もなくなり
・商品を陳列・展示するスペースも不要となり
・販売員の雇用や教育コストも不要となり
・物流管理も委託が可能

 

と、ざっと見ただけでも

これだけのコスト削減効果が見込めます。

②赤字から黒字への転換が見込める

 

・型落ち
・規格外

 

こうした商品は、

従来原価割れで販売されたり、最悪廃棄されていました。

 

しかし、ロングテール戦略ならこうした商品でも利益を確保出来ます。

もちろん、ただウェブサイトに載せただけではダメなものもあります。

 

しかし…

 

前もって告知して見込み客を集めておく

 

これはあくまで一例ですが、
こうしたマーケティング戦略を取っていたらどうでしょうか?

 

・後手に回るから、利益が出ない。
・先手を取れば、利益が出る。

 

こういう商品をあなたは持っていませんか?

 

既に知られたロングテール戦略に、
あなた独自の戦略を付加して販売していく。

 

ダイレクト・レスポンス・マーケティングを使っていけば

価値ある商品として手に取ってくれる顧客も出てくるはずです。

 

これはAmazonのような大手企業だけが出来ることではありません。

 

むしろ、
個人事業主や中小企業が企業体力をつけ、収益を拡大する上で
見習うべきビジネスモデルと言えるでしょう。

 

ロングテール戦略のデメリットとは?

 

ロングテール戦略は導入するメリットが大きいのですが、
どこから顧客がウェブサイトに来てくれるかというとほぼ検索エンジンからです。

 

ですので、まずは

 

SEOを考慮しつつ、取り扱う全ての商品を網羅したウェブサイトを作成する必要があります。

 

ソーシャルメディアでの拡散や、

広告を出すのはそれからの話です。

 

検索流入が主体となるということは、

即効性には欠けるということ。

 

・ロングテール戦略自体が軌道に乗るまでに時間が掛かる
・新商品もすぐに売れるのではなく、むしろ時間が掛かる

 

この2点が大きなデメリットと言えるでしょう。

但し、準備期間をしっかり設け、先手を打ってさえいれば
このデメリットは解消出来ます。

 

まずはロングテール戦略を導入した場合、

 

・店舗の削減や移転など、現状に比べてどんなコスト削減が見込めるか?
・原価割れや最悪廃棄していた商品を販売出来る可能性は無いか?

 

というシミュレーションとリサーチを行ってみることです。

 

業種によっては

今から検討を始めても、実行出来るのは

来年の話になってしまうかもしれません。

 

ですが、第1次産業を含む幅広い業種で導入が可能な戦略です。

 

まとめ:波に乗るにはSEOの理解と実践が必須

 

ロングテール戦略は、
コスト削減効果も見込め、従来売りづらかった商品も含めた幅広いセールスが可能となります。

 

その反面、
成功する為には周到な準備が必須と言えるでしょう。

 

結局のところ、

「ローマは一日にして成らず」という言葉の通り、

 

困ってから手を出しても遅いということです。

 

キーになるのはウェブサイトです。

 

集客できるウェブサイトをどうやって作っていくか?

 

その答えの1つが、

 

検索エンジンが考える「価値のあるウェブサイトとは何か?」を理解することです。

 

検索上位表示は狙えば出来ることです。

 

ですが、
検索上位表示されたからと言って売り上げにつながる訳ではありません。

 

こうした点を学びながら、

時流に乗っていくことが今後あなたのビジネスを拡大させる重要な要素になるはずですよ。

 

それでは。

スポンサーリンク
関連キーワード
  • ロングテール戦略+DRMが業種を問わない売上アップを生む?
  • ビジネスにおける「本質的なスキル」とは何か?
  • 「気仙沼ニッティング」に学ぶ、大手企業に勝つビジネス戦略とは?
  • 「業界の権威」が支持される理由とは?
  • 「悪い売り方」「売ってはいけない人」あなたはご存知ですか?
  • 諸刃の剣:DRMの効果と詐欺商材を考える

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事