• ビジネス構築
    失敗しないビジネスコンセプトの作り方
    2018-01-24
  • WordPress
    集客に成功するサイトの作り方【第2章:契約】
    2018-01-28
  • WordPress
    集客に成功するサイトの作り方【第1章:事前準備】
    2018-01-26
  • ビジネス構築
    初心者が独自ドメイン取得で失敗しない3つのポイント
    2018-01-27
  • WordPress
    集客に成功するサイトの作り方【第3章:テーマ選び】
    2018-02-01
  • ビジネス構築
    ウェブサイト立ち上げ時の3つの課題…あなたはご存知ですか?
    2018-01-25
【無料ウェビナー】長期的にビジネスを安定させるマーケティング・システムの作り方
スポンサーリンク

こんにちは。

 

今日は前回記事に引き続き、ダイレクト出版の100円オファー第2弾、無料ウェビナーの内容をシェアしようと思います。

 

このウェビナーの内容は、無料どころか数万円の価値があると私は思います。

 

以前、リッチ・シェフレンのウェビナーでお伝えした内容とも一部かぶりますが、起業や副業をしているがなかなか思うような結果が出ないという方や、これから起業・副業を始めたいという方に是非読んでもらいたい内容です。

 

プレゼンターは、ダイレクト出版の社長小川忠洋さんです。

 

では、早速見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

あなたは、魔法の薬を探し求めていませんか?

 

あなたは…こういった理由で悩んでいませんか?

・売上が安定しないのでいつまでも将来が不安
・やるべき事、学ぶべきことが多過ぎて疲れ果てている
・実際、何をやったらいいか分からない
・自分のやっている仕事に迷いを感じる

 

何故、こうなるのか?本当の原因は何なのか?

 

それは、断片的なノウハウしか知らず、体系的に理解していないから。だから魔法の薬(簡単に儲かる系のノウハウ)に惹かれてしまうのです。

 

魔法の薬を買う⇒儲かるかも…という快感を得る。しかしながら全体像が分からないのにノウハウが増えると、やりたいことが増え混乱する。

 

そしてそれがストレスとなり、ストレス発散の為に刺激を求める。結果…また魔法の薬を買うという無限ループに陥ってしまう。これはギャンブル依存症の人と同じ症状である。

 

ギャンブルと一緒で、たまに勝つ(当たる)から辞められない。

 

全体が分からないままに断片的なノウハウを学ぶとどうなるか?

 

例えば、釘しか打てない大工さんが家を作れますか?
捻挫した患者に風邪薬を処方したら治りますか?…無理ですよね。勉強すればするほど、混乱して実行出来なくなるそうです。

 

魔法の薬(ノウハウ)を売っている人間もマーケティングのことを分かっていない。だからセールスやプロモーションのテクニックを「マーケティング」として教えている。

 

原因は、「マーケティングを知らないから」。

 

マーケティングと、セールス手法やプロモーションは全くの別物

 

質問です。マーケティング(の定義)とは何でしょうか?

 

PPC広告、コピーライティング、Facebook等のソーシャルメディア、ビデオマーケティング、無料レポート、ウェビナー、キーワード対策、等々…こういった言葉が浮かんだのではないでしょうか?

 

これらはプロモーションテクニックやセールステクニックであって、マーケティングではありません。

 

テクニックをいくらランダムに寄せ集めても、全体は理解出来ません。
理解するということは、1つ1つの知識や情報が繋がって、全体で意味を成すことですよね。

 

じゃあ、マーケティングって何なの?と思った方へ。「現代経営学の父」と呼ばれるピーター・ドラッカーはこうコメントしています。

 

「優れたマーケティングはセールスを不要にする」
「マーケティングの目的は顧客を知り、理解し、商品・サービスが顧客にフィットして、勝手に売れるようにすること」

 

マーケティングを全体的に理解していない人が、どうやってマーケティングのシステムを作れるのでしょうか?…出来る訳がないですよね。だからノウハウ依存症になってしまうのだそうです。

 

マーケティング・システム(仕組み)とは何か?

 

システムの定義:システムは、個々の要素が相互に影響しあいながら、全体として機能するまとまりや仕組みのこと。

 

「システムが機能していれば、いくつかの数値をチェックすれば自社の状態が分かり、数か月先の売り上げも見える」
「社長が居なくてもビジネスは回る」

 

確かに、この状態が理想と言えますよね。ですが実態は…

 

「システムとは、大工さんで例えるなら設計図になるだろう。だが、ほとんどの人は設計図を作らずに、魔法の道具を探しに行ってしまう

 

自分もそうなりがちだなぁと思いました。…あなたはどうでしょうか?

 

ダイレクト・レスポンス・マーケティングのシンプルなシステム

 

ダイレクト出版が3年前に開発したシンプルなシステムは以下の通りです。

 

①リード
②コンバージョン(CV)
③ライフ・タイム・バリュー(LTV)

 

この3つの数字を常に見ること。

 

たったこれだけ?…そう思いますよね。私も思いました。ですが、このたった3つの数字を測定し(常に見る)、改善することでダイレクト出版は3年間で46億円もの売上を上げ、右肩上がりの成長を続けています。

 

それでは、具体的に見ていきましょう。

 

①リード

 

・見込み客
・メルマガ購読者、資料請求者など※

 

※あなたのビジネスモデルによる

 

②コンバージョン(CV)

 

・成約率
・見込み客が顧客に変わる転換率
・セールスレターやセールストークの成約率

 

③ライフ・タイム・バリュー(LTV)

・顧客の価値

 ※【注記】
Life Time Value=顧客生涯価値。顧客がどれだけあなたの会社にお金を使ってくれるか

 

3つの数字をチェックし、改善する

 

上記3つの数字で常に弱いところを見つける。その部分を改善するためにツールや戦術を使う・探す。ポイントは毎週計測すること。

 

1回やっただけでは良く分からないが、毎週計測すると時系列で見える。改善すべき箇所がどこか、すぐに気付くことが出来る。

 

つまり、一番弱いところを改善すれば、最大の効果が出る。あなたが今やるべきことは、あなたのビジネスで一番弱いところの改善である。今流行っていることをやるべきではない。

 

システム導入後の5つのメリット

 

システムを導入し、改善を続けることで、以下のメリットが得られる。

システム導入後の5つのメリット
①やるべきことが明確になり、集中できる
②少ない時間でより大きな成果が出る
③スタッフでも事業を成長させるのに何をすべきか分かるようになる
⇒自分の頭の中だけの、いわゆるブラックボックスから可視化が図れるため
④自分に必要な情報が分かって振り回されない
⑤着実に安定成長させることが出来、安心してビジネスを見ることが出来る

小川さんの場合、10日間ハワイ旅行に行った時PCは完全オフライン。それどころか電話にも出なかったそうですが、会社に戻ると売上は着実に上がっており、改善の施策はスタッフがやってくれていたそうです。

 

高額オファーの内容とは?

 

さて、ウェビナー本編は以上で終了。この後はお約束の(笑)高額オファータイム。

 

紹介されていたのは1年間かけてダイレクト・レスポンス・マーケティングを学ぶオンラインビジネススクールでした。代金は約20万円。基礎とアドバンスドの2コースあり、2つ受講すると40万円の投資です。高いなぁ…

 

ですが…お金が無いので申込しませんでしたが、お金があったら私は絶対申し込んだと思います。結構そそる内容だったとだけはお伝えしておきます。

 

今後の募集をチェックしつつ、マネタイズに取り組まなければならないと思いました。

 

まとめ

 

無料ウェビナーまとめ
①ビジネスを成功させる為には、先ずはマーケティングとは何かを把握すること
②マーケティングのシステムを作り、常に計測し、改善を行うこと
③システムが機能すれば、ビジネスは安定的・継続的に成長する

 

いかがでしたか?

 

ノウハウコレクターになってもお金は生まれません。都合の良い話に振り回されることなく、自分が本来やるべきことに集中するべきだというのはその通りだと思います…難しいですけどね(苦笑)

 

ダイレクト・レスポンス・マーケティングのシンプルなシステムは誰でも導入が可能です。例えばブログで副収入を…という方の場合はリード(訪問者数)の把握と改善ですかね。

 

本記事を参考に自分なりのシステムを構築し、測定と改善を行うことであなたのビジネスが上向けば幸いです。

 

それでは。

【関連記事】

コスパ最高!100円オファーで学んだことその1:メルマガでのセールス方法

「インターネットマーケティング最強の戦略」とは?ビジネスを始める方へおススメの1冊

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事