• WordPress
    集客に成功するサイトの作り方【第2章:契約】
    2018-01-28
  • ビジネス構築
    初心者が独自ドメイン取得で失敗しない3つのポイント
    2018-01-27
  • ビジネス構築
    ウェブサイト立ち上げ時の3つの課題…あなたはご存知ですか?
    2018-01-25
  • WordPress
    集客に成功するサイトの作り方【第3章:テーマ選び】
    2018-02-01
  • ビジネス構築
    失敗しないビジネスコンセプトの作り方
    2018-01-24
  • WordPress
    集客に成功するサイトの作り方【第1章:事前準備】
    2018-01-26
当ブログを襲った怪現象その1:画像だけのページが検索表示される
スポンサーリンク

こんばんは。

 

当ブログの改修もほぼ目途がついたので、前回記事でお伝えした通りしばらくは今の構成で運用し、本来書くべき記事に集中しようと思っていました。

 

(ダイレクト・レスポンス・マーケティングに関する記事も書きたいし、月刊ビジネス選書の新刊等、読みたい本も溜まっているので)

 

が、どうしても気になる怪現象が2つあったのでお伝えしようと思います。

 

結論から言うと、今の私には明確な対処は出来ませんでした。

 

私自身にWordPressをカスタマイズ出来るスキルが無いことに加え、当ブログで使用しているWordPressテーマ「Twenty Seventeen」で対処法について触れているサイトを見つけることが出来なかったことがその理由となります。

 

でも、そもそもこういう怪現象が起こることを知らない方やWordPress初心者の方で同じ悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか?

 

この記事が問題解決出来る方の目に届き、何らかの対策が公開されることを祈って、怪現象2件の記事を投稿します。

 

※記事を分けた方が見やすいと思うので、本記事では怪現象その1についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

1つ目の怪現象と対策すべき2つの理由

 

怪現象:Google/Yahooで当ブログを検索したら、画像だけのページが表示された

 

自分のブログの検索順位って、気になりますよね?私は定期的に検索順位を見ていますが、ある日不審なタイトルの記事が検索結果に表示されていました。

 

 

見てみると、何と!アイキャッチ画像だけの記事が検索結果に出てきたんです。

 

 

しかも、検索結果の1ページ目から2ページ目にかけて3つほど…

 

ついでに言うと、固定ページ(当ブログのサイトポリシーとコンタクトフォーム)も検索上位に出ていました。

 

個別投稿記事やフロントページが検索結果に出るなら分かります。が、画像だけのページが出たり、コンタクトフォームのページが出るっておかしいですよね?これは絶対に対策する必要があります。

 

対策すべき2つの理由

1:ユーザビリティ上よろしくない
2:Adsense利用者の場合、ポリシー違反になる可能性がある

 

せっかく自分のブログを訪れて頂いた方が「何これ???」となってすぐに離脱されるのは辛いですよね?こうした変なページが出てきていないか、確認しておくことをお勧めします。

 

また、このようなページが公開されてしまうと、Adsense広告表示の設定によってはポリシー違反となる場合があると思います。現にこういう記事も投稿されています。

ワードプレスで勝手に画像のみのページが出来ていた話。 - いちブログ2号

 

この記事を投稿されたいちブログ2号さんの場合、せっかく投稿した記事を下書きに戻すハメになってしまったようです。その後解決したのかは分かりませんが、嫌な話ですよね。

 

調査結果:原因はWordPress?

 

他の方の記事を見ても、WordPressにアップロードした画像が何らかの理由で画像だけのページとなり、検索に引っ掛かっています。

 

そこで、同様の症状を経験され、対策まで行っていたスモービズさんの記事を手本に対策を行うこととしました。
スモービズさん、情報有り難うございます!

 

3つの対処法とは?

 

なぜかGoogle検索でWordPressメディア上の画像が検索結果に!?

 

上記スモービズさんの記事をもとに、対策を試みました。今回の処理のポイントは以下3点です。

 

①WordPressの裏メニュー「すべての設定」を確認

 

先ずはWordPressの裏メニュー「全ての設定」(初めて知りました!)にアクセスして、「image_default_link_type」という項目を確認します。

 

この項目が「file」になっていれば、「none」に書き換えることでデフォルトなら自動生成される画像を強制的に作成しないに変更出来る…とのことですが、私の場合、最初からnoneになっていました。

 

まぁ、自動生成されていないことを確認出来ただけでも良しです。次のステップに進みます。

 

②Google search consoleで不要なURLの削除を行う

 

Google search consoleにアクセスしたところ、やはり画像だけのURLが存在していました。不要なURLは全て削除しました。

 

③プラグイン「Attachment Pages Redirect」を導入する

 

スモービズさんの記事では上記プラグインの導入も記載されていましたが、私は既に大量のプラグインを導入していることもあり、不要なURLの削除まででしばらく様子を見ることにしました。

 

※追記:
2017/5/19にGoogle search consoleにアクセスしただけで、何故かGoogleでは画像だけのページや固定ページは検索結果から消えました。
(先頭から10ページまでの検索結果ですが)

 

本当にただアクセスしただけで消えました。…知識のない私には意味不明な事象です。

 

しかし、本記事投稿時点(5/20)でYahooでは画像だけのページがまだ残っています。不要なURLは削除したので、もう少し様子を見ることにします。

 

まとめ

 

いかがでしたか?…キッチリ対策出来たと言い切れない、中途半端な記事で申し訳ないですが、誰もが起こり得る事象だと思いますので紹介しました。この記事を読んだあなたも、一度確認してみることをおすすめします。

 

また、冒頭でも書きましたがこの記事が拡散され、WordPressに詳しい方の目に届き、私のようなWordPress初心者へのヒントを公開してくれることを祈ります。

 

もちろん、良い情報を入手出来たらシェアしていきますので、引き続きチェック頂ければ幸いです。

 

次回は怪現象2件目についてお伝えします。…結局こちらも解決しませんでしたが。。。

 

それでは。

 

スポンサーリンク
関連キーワード
Googleの関連記事
  • 【重要】あなたの記事はGoogle検索で表示されますか?
  • 当ブログを襲った怪現象その2:Search Console構造化データのエラー多発
  • 当ブログを襲った怪現象その1:画像だけのページが検索表示される
  • Google AdSense審査を通過するため・アカウント停止に陥らないために必要な2つのポイント

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事