スポンサーリンク

こんにちは。

 

つい先日のこと。河川敷でダッシュしたら草に滑って転倒してしまいました。幸い身体はかすり傷数か所で済んだのですが、よく見たらシューズの底がツルツルになっていました。。。

 

お金のない中痛い出費ではありますが、安全確保のためシューズを新調することにしました。

 

せっかく新調するので自分の足にフィットし、用途に合った1足を購入するために某スポーツ店でユニークなサービスを受けてきました。シューズ選びのポイント等と合わせて本記事で紹介していきます。

 

スポンサーリンク

今まで履いていたシューズ

 

私が今まで履いていたのがNIKEの「LUNAR EDGE」というシューズです。普通のスニーカーとほぼ変わらない、初心者向けのシューズですね。

 

 

何年前に買ったか覚えていません。多分5、6年は経っていると思います。価格は、5~6,000千円程度だったと思います。

 

結構な年数履いていたので既にかかとは減っていたのですが、今年になってスロージョギングを始めてからは前側も急激に減ってきていました。

 

 

そろそろ買い替えだとは思っていたのですが、乾いた舗装路面を走る分には特に問題なかったので後回しにしていたんです。

 

ところが最近諸事情により、不整地をダッシュしたり、ランニングくらいのペースで反復走をしたりすることとなりました。

 

時間としては30分から1時間くらいですが、とにかく滑りやすい…で、遂に転倒したと。

 

今の運動の負荷に耐えられるシューズ…通常のジョギングでも使うことを考慮するとランニングシューズが候補になるのでしょうか。ショップに行って専門家の意見を聞きながら次の一足を選ぶことにします。

 

ランニングシューズ選びのポイント

 

ランニングシューズはその名の通り走ることに特化したシューズですが、一言でランニングと言っても、実際にはフルマラソンでタイムを競う方からスロージョギング数キロ程度と、用途は人それぞれです。

 

初心者向けとレースに出るような上級者向けとの違いは、簡単に言ってしまうと以下の通りです。

 

【初心者向け】身体を衝撃から守ることを重視
【上級者向け】無駄を省き、より速く走ることに特化

 

ランニングでは着地時に自分の体重の3倍もの衝撃が掛かるそうです。

 

つまり、初心者向けのシューズは筋力が低い初心者の故障リスクを下げることと快適性を重視しています。

 

対して上級者向けのシューズは、衝撃に耐えられる筋力があることを前提に軽量化を行い、グリップ性を高めより速く走ることに特化しているのです。

市販車とサーキットを走る車との違いと一緒ですね^^

 

ですので、自分のレベルに合った1足を選ぶ必要があります。

 

以前投稿した記事で有酸素運動をおススメしましたが、スロージョギングがメインであれば初心者向けのランニングシューズにしましょう。

いきなり上級者用のシューズを履くと…足が悲鳴を上げます。これ本当ですよ!

 

通販でシューズを買う場合のリスクとは?

 

私は、靴と名の付くものを通販で購入するのはおススメしていません。

 

何故か?それはハズレをつかむリスクがあるからです。原因は、試着出来ないので自分の足に合わない靴を買ってしまう可能性があるから。これが全てです。

 

いくらネット上で評判が良いシューズでも、実際に履いてみないと自分にとって良いか悪いかの判断ってつかないんですよね。

 

同じサイズでもメーカーによって形が結構違います。単に大きさだけではなく、足の幅や甲の高さも考慮しなければなりません。

 

ですので、通販で購入するにしても事前に実物を試着しておき、自分の足にフィットするものを選ぶのが絶対条件です。

 

万一に備え、返品OKかNGかを確認しておくのも必要になるでしょう。

 

くれぐれも、見た目と価格だけで決めないようにして下さいね(笑)

 

自分の足型を計測してベストな1足を選べる「健脚工房」

 

肉体改造に取り組んでいることもあり、私は気分転換にスポーツ店のサイトを見ることも多いのですが、以前から気になっていたのがスーパースポーツゼビオの「健脚工房」という無料サービス。

 

自分の足型を計測・解析して貰い、その結果をもとに自分の用途に最適なシューズを提案して貰えるサービスです。詳細は以下記事を参照下さい。

 
ゼビオの無料足型測定| the Super sports XEBIO ( スーパースポーツゼビオ、ゼビオスポーツ) Official Website
 

近所のゼビオでもこのサービスを導入しているので、早速計測して貰いました。1人で行ったので実際に私が計測している所は撮影出来ませんでしたが、こんな感じです。

 

 

計測と解析は5分程度で終わります。結果をプリントアウトして貰い、説明を受けます。

 

私は、足型はギリシャ型で足幅は狭い方だと言われました。ただ、右足のバランスが若干後ろにあるので、クッション性をある程度考慮してシューズを選んだ方が良いとのアドバイス。

 

余談ですが、足型には3つのタイプが存在するってご存知でしたか?
興味のある方は以下記事も併せて読んでみて下さい。

 
【日本人なのにエジプト型?】指の長さ・形でわかる足のタイプと性格! - NAVER まとめ
 

足型に関するアドバイスを貰ったあと、私の用途を店員さんがヒアリングします。ここで私が、

 
不整地でランニング/ダッシュをするのに適したもの
 
ジョギングでも使えるシューズが良い

 

という無茶な要求をしたため、店員さんはしばらく考え込んでいました(^^;

 

新シューズ決定!フィット感は?

 

足型と私自身の好みや用途を踏まえ、店員さんが何点かシューズをチョイスしてくれました。

履き比べた結果購入したのは、NIKEの「エア ズーム スピード ライバル 6(ワイド)」です。

 

 

「サブ3.5」という3.5時間でフルマラソンを走る方向けのシューズですが、ソールのグリップが強いので、不整地でのダッシュやランニングでも力を発揮してくれるだろうというのが決め手でした。

 

フィット感はバッチリ!つま先、側面、甲全て圧迫感はなく、適度にホールドされています。足に合った靴だから何の不安もなく購入出来ました。

 

シューズ買い替えの際には是非「健脚工房」のようなサービスを受け、自分に合った1足を手に入れてみて下さい。トレーニングが楽しくなりますよ^^

 

それでは。

 

【関連記事】
 
不整地、短距離…エアズーム スピードライバル6のちょっと変わった使い方
 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事