【顧客の脳を支配する本】

「私たちの思考、感情、学習の95%は
意識されることなく生じている」

こう言ったのは、
ハーバード大学のマーケティング学の教授
ジェラルド・ザルトマンです。

 

人の脳というのは不思議なもので
普段私たちは頭を使って考えて
行動しているように思えますが、

 

実はほとんどの行動というのは
無意識の内になされています。

 

実際、朝起きて歯を磨き服を着て
会社に行く、、といった行動を
必死に考える人はいないでしょう。

 

つまり、好むと好まざるとにかかわらず
人の行動の95%は無意識のうちに
決定されているのです。

 

そして、この95%の無意識の力を
マーケティングや広告・販売戦術に
活用することはできないのか?

 

そう考えたのが、人気ブログ
「Neuromarketing(ニューロマーケティング)」
の執筆者、ロジャー・ドゥーリーです。

 

ドゥーリーは、
カタログ販売のマーケターとして
マーケティングの世界で頭角を現す一方、

 

脳科学や行動科学に興味を持つようになり、
独自に脳科学の最新知識を
マーケティングの分野に活用した
「ニューロマーケティング」を研究。

 

この分野の第一人者となりました。

 

そして、ニューロマーケティングの
数々の研究結果をまとめたのが

 

この新刊本
「脳科学マーケティング 100の心理技術」
というわけです。

 

価格が脳に与える影響や
男性脳、女性脳の攻略法、
ケチな人に売る方法などなど、

 

目次を見るだけでも
心理学や行動科学を元にした
大変興味深い内容が満載なのが分かります。

 

非常にオススメの本なので
是非、チェックしてみてください。


脳科学マーケティング 100の心理技術」販売ページはコチラ

 

…いかがでしたか?
これはダイレクト出版のセールスレターです。私は本書を読みましたが、書名の通り人間の脳がどういう広告に反応するかという点に注目した一冊となります。

 

セールスコピーのアイディアの宝庫である「現代広告の心理技術101」に比べると、セールスライティングを学びたい方よりも企業のマーケティング担当の方におススメ出来る一冊と言えると思います。

 

興味のある方は、是非読んでみて下さい。

 

それでは。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事