• ビジネス構築
    初心者が独自ドメイン取得で失敗しない3つのポイント
    2018-01-27
  • ビジネス構築
    ウェブサイト立ち上げ時の3つの課題…あなたはご存知ですか?
    2018-01-25
  • ビジネス構築
    失敗しないビジネスコンセプトの作り方
    2018-01-24
  • WordPress
    集客に成功するサイトの作り方【第2章:契約】
    2018-01-28
  • WordPress
    集客に成功するサイトの作り方【第1章:事前準備】
    2018-01-26
  • WordPress
    集客に成功するサイトの作り方【第3章:テーマ選び】
    2018-02-01
起業家の時給計算:3つの概念と1時間当たりの価値とは?
スポンサーリンク

こんにちは。

 

今日は起業家が押さえておきたい「自分の時給計算方法」について、私が心掛けているリッチ・シェフレンの考え方を紹介していこうと思います。

 

「…何で時給計算?」と思った方もいるかもしれませんね。

 

その理由は、リッチが「インターネットビジネスマニフェスト」で説いたこの考え方は自分でビジネスを行い報酬を得る方にはとても適切であり、収益を上げるためには日々どういう行動をすべきだという自分への戒めにもなるものだからです。

 

では、早速見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

何故、時給計算なのか?

 

冒頭書いた通りですが、起業家(起業したい方)のマインドセットの1つとして優れた考えだと思うからです。この考え方に基づき、あなたの目標時給をインプットすることで思考や行動が変わるハズです。

 

サラリーマンと起業家では時給計算の考え方が違う

 

一言で言えば以下の通りです。

 

「サラリーマンは時給×稼働時間分の報酬が保証されるが、起業家は自分で出した利益の中からしか報酬を得られない」

 

正社員・派遣・パート等の雇用形態を問わず、サラリーマンなら契約期間内は稼働すれば報酬が貰えます。利益を出そうが出すまいが、一定の報酬を得られますよね。

 

対して自分でビジネスを立ち上げると、あなたが稼いだ利益の中からしか報酬は出ない。つまり、利益ゼロなら報酬もゼロになってしまう訳です。

 

ここまでは殆どの方がお分かりだと思います。では、上記を図示化してみましょう。

 

例えば、年収1,000万円稼ぎたいとします。時給計算すると、以下のようになります。

 

目標年収10,000,000
月額833,333
稼働時間/日8
稼働日数/月20
月間労働時間160
時給5,208

 

サラリーマンの場合はこの図のようになりますね。稼働するだけで報酬が発生するからです。

 

対して起業家の場合ですが、一見同じように計算出来るように見えます。しかし、実際は稼働時間全てで利益を得ている訳ではありません。

 

仮に個人でビジネスを行っていても、領収書の整理や支払い等、稼働時間からどんどん利益を生む時間が減っていきます。従業員がいれば、そのフォローも必要ですよね?

 

よって、起業家の場合は利益を生む活動に費やした時間で時給を計算しなければならない。

 

つまり、年収1,000万円稼ぎたいなら、月に83万円以上の利益を生み出す時間を何時間取れるのか?を考える必要があります。

 

時間は、3つに大別される

 

以前の記事でも取り上げましたが、リッチは時間を

 

①非生産的な時間
②生産的な時間
③超生産的な時間

 

の3つに分類しています。

 

そして、「生産的な時間とは収入に直接つながる時間であり、超生産的な時間とは、利益を生み出すシステムを作っている時間である」と定義しています。

 

ここで、「生産的な時間」にフォーカスしてみましょう。どんな時間が生産的な時間なのか?

 

【生産的な時間の例】
・商品開発
・マーケティング
・プロジェクト管理
・ビジネス拡大のための時間

「インターネットビジネスマニフェスト」より引用

 

収益を上げるということは、売買取引を行うことですよね。売買を行うために、先ずは商品やサービスを開発することになります。

 

次に、開発した商品やサービスを購入して貰う活動に時間を使う。つまりマーケティングの時間を確保する必要があります。

 

また、1人でビジネスを行っている段階では不要かもしれませんがプロジェクトに参加し、管理すること。JVを組む等して自分のビジネスにレバレッジを掛け、拡大していくという活動も収益に繋がりますのでとても大切なことだと思います。

 

これらの活動に、毎日どのくらい時間を使えるか?ここが収益を上げる上で重要なポイントになります。

 

起業家の1時間当たりの価値とは?

 

「何だかんだ言っても、1か月で目標額以上の利益を出せば良いんだろ?」

 

そうです。結果だけを見れば、目標額が稼げればそれで良い。ですが、大事なことは「自分の1時間にどれだけの価値があるのか」を知っているのと知らないのでは日々の活動内容が全然違ってくるということです。

 

理想のパターン…ビジネスが仕組み化され、放っておいても売上が上がる状態。仮にこの域に達したとしても、先程のサラリーマンの時給以上の利益を叩き出さなければ目標額には届かない訳です。

 

まして家族との時間や息抜き、勉強等、直接利益に結び付かないが削ることの出来ない時間って多くありませんか?

 

リッチによると、努力している人でも利益を生み出せる時間は1日2時間が限度とのことです。限られた時間の中で収益を上げる。その為には時間の使い方に関する考え方がとても重要になる訳です。

 

仮に1日2時間利益を生む活動に時間を使えたとします。すると先程の時給計算はどうなるか?再計算すると以下の通りとなります。

 

目標年収10,000,000
月額833,333
稼働時間/日2
稼働日数/月20
月間労働時間40
時給20,833

 

時給2万円…結構凄い数字ですよね。あなたのビジネスで、原価と経費が収益の50%掛かっているとすれば目標額はこの2倍です。

 

起業家は利益を出し続けなければならないので、非生産的な時間ばかりを過ごす訳にはいきません。倒産や破産というリスクを取って起業するわけですから、サラリーマンより高い報酬を得るのは当たり前だと私は思っています。

 

ですので、当記事で紹介した時間の考え方・使い方がとても重要になると思っています。

 

…あなたの時給は、いくらになりましたか?

 
まとめ

 

起業するなら3つの時間の概念を理解するべきである。
 
生産的な時間を増やすことこそが、収益を得る・収益アップにつながる

 

いかがでしたか?

 

自分が収益を生む時間とは何をする時間なのか?そして、今日は何時間収益を生む時間に充てられたのか?

 

これを常日頃から意識することで課題も見えてきますし、自分が取り組まなければならないことも分かってくると思います。

 

時間は誰にも平等ですが、平等であるからこそ使い道に差が出ると思います。
時間を有効に使って収益性を上げていきましょう^^

 

それでは。

 

【リッチ・シェフレン関連記事】

その本、その教材、全て消化出来ていますか?…消化不良になっていませんか?

あなたは、全てを自分でやろうとしていませんか?

起業家が陥りやすい2つの罠と、ビジネスで成功するための3つの対策(柱)について

 

スポンサーリンク
関連キーワード
  • 起業家の時給計算:3つの概念と1時間当たりの価値とは?
  • 起業家が陥りやすい2つの罠と、ビジネスで成功するための3つの対策(柱)について
  • あなたは、全てを自分でやろうとしていませんか?
  • その本、その教材…全て消化出来ていますか?…消化不良になっていませんか?
  • 5日間、リッチ・シェフレンのオンラインセミナーにどっぷり漬かって見えてきたこととは?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事