こんにちは。

 

私はダイレクト出版の複数のサービスの会員になっています。

その為、毎日ア〇みたいな件数のメール爆弾が飛んでくるんですが(苦笑)、

その爆弾の中には、面白いブログの更新通知も混ざっています。

 

初めての試みとなりますが、

面白い記事がアップされたので内容をシェアしつつ、考察していきたいと思います。

 

本日のお題は以下のブログです。

 

スポンサーリンク

この記事の概要

業界の権威になれる人、なれない人

 

この記事は、

 

俳優/歌手の福山雅治さんを批判するミュージシャンが結構いる

という所から入り、

ビジネスで業界の権威とされる人も福山さん同様、同業者からの批判が多いという点を取り上げています。

 

・その批判の根拠は何か?
・しかし、何故同業者から批判される人が大衆から支持されるのか?
・あなたもこうすれば業界の権威になれるかも?

 

と言った内容について書かれたものです。

 

どうです?興味が湧きましたか?

では、早速考察してみようと思います。

 

業界の権威とは?

まず、用語の確認から。

 

権威とは?

 

①他を支配し服従させる力。 「親の-を示す」 「 -が失墜する」
②ある方面でぬきんでてすぐれていると一般に認められていること。

また,そのような人。オーソリティー。「その道の-」

(辞典・百科事典の検索サービス - Weblio辞書 より引用)

 

ここでは、②ですね。

福山さんの例で言えば、ミュージックシーンにおける第一人者と捉えれば良いでしょう。

 

業界の権威は、本当に批判されているのか?

 

例えば音楽シーンを見てみると、

 

「新しいものを作り出したい」という欲求が新たなバンドを生み、

 

新たなシーンを立ち上げる。

 

そして、

新たなムーブメントが起こるときに

現状を否定するというのは定番の手法です。

 

1980年代から2000年くらいまでを振り返ると、

海外/日本問わずそういう歴史を繰り返していますよね。

(最近はあまり聴いていないもので…昔話ですいません(^^;)

 

新たな音楽シーンの中で

トップに君臨するいくつかのバンドがあり、フォロワーと言うと

失礼かもしれませんが、トップ集団を追うバンドやミュージシャンがいる。

 

しばらくすると、

また新たなバンドやミュージシャンが

今までとはちょっと違ったアプローチで出てきてムーブメントが起こる。

 

こういう流れって、

多分どの業界でも同じなんだと思います。

 

マーケティングにしても、

抽象的なマーケティングから、よりダイレクトに反応を取ろうとする

ダイレクト・レスポンス・マーケティングが幅を広げつつあるように。

 

大衆が支持する人の共通点とは?

 

大衆が支持する人…このテーマを考えるなら、

アメリカの大統領選が分かりやすい事例だと思います。

 

オバマ前大統領もトランプ大統領も

 

「分かりやすく、且つ一貫したメッセージ」

 

で選挙戦に勝利し、大統領に就任していますよね。

 

オバマ大統領の

「Yes We Can(私たちにはできる)」

 

トランプ大統領の

「Make America Great Again!(アメリカを再び偉大にする)」

 

こうした

 

・分かりやすくて
・共感しやすく
・行動したくなる

 

メッセージ。

 

言葉は悪いですが、

よくある専門家の

 

「専門用語並べてばかりで、何を言ってるのかよく分からない」

 

コメントとは対極にあるのが分かります。

 

人は思っている以上に

「他人が発する言葉の意味を理解しない」

生き物なのです。

 

同じ事を7、8回繰り返し伝えて

ようやく理解するという話もあります。

 

埋め込んだ記事にもありましたが、

 

◎白黒はっきり言う人の方が人々の信頼を得やすい
 

このポイントは、

情報発信をするなら頭に入れておいた方が良いでしょう。

 

 

まとめ

 

一応言わせて頂くと、

私は福山さんは嫌いではありません。いい曲も書いている人だと思っています。

(個人的にはもっと激しい音楽の方が好きですが(笑))

 

音楽で言えば、

確かに福山さんの方が幅広いファンを獲得出来そうな曲が

多いですが、私みたいにコアなジャンルを好き好んで聴く人もいる。

 

ここで、あなたのお客さんをリスナーに変換して考えてみて下さい。

 

あなたは、どちらに向けてメッセージを発信していきたいですか?

 

あなたの業界で、

 

より多くのお客さんにアピールしたいなら

より分かりやすく、よりシンプルなメッセージを

 

コア(ニッチ)なジャンルにアピールしたいなら

その層に響くメッセージを

 

ブレずに継続して発信していくことが大切だということです。

 

ちなみに、メッセージがブレると客が飛ぶというのはもうお分かり

ですよね?

 

何か音楽の話だったのに、結局はマーケティングと同じですね(笑)

 

それでは。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事