こんにちは。

 

WordPressのテーマをカスタマイズするなら、子テーマを作らなきゃ…という記事をよく見かけます。

子テーマ?何それ???…という感じだったのですが、調べてみるとこういうことのようです。

子テーマ作成の理由
①WordPressからインストールしたテーマ(親テーマ)をカスタマイズしていると、WordPressのテーマが更新された時に全て上書きされてしまい、カスタマイズ内容が消えてしまう。
②カスタマイズ内容が消えるのを防止するために子テーマを作成し、カスタマイズは子テーマで行う

 

超初心者の管理人が、今まで必死になって更新したブログが全てデフォルトに戻ったら…考えるだけでゾッとします

 

ということで、本日意を決して子テーマを作成しました。

 

使用テーマ及びサーバーは以下の通りです。

 

テーマ :Twenty Seventeen
サーバー:エックスサーバー

 

また、手順は以下の通りです。

 

【子テーマ追加手順】
①WordPressのテーマディレクトリに子テーマのディレクトリを追加
②style.cssを追加
③functions.phpを追加

 

スポンサーリンク

①WordPressのテーマディレクトリに子テーマのディレクトリを追加

 

WindowsPC風に言えば、WordPressのテーマがインストールされているフォルダに、子テーマのフォルダを作成することです。

 

ネットで見る限り、FTPソフトというソフトを使ってサーバーにアップロードすると書いてありましたが、先ず、自分のWordPressのテーマがどこに保存されているのかが分からず、パニックになりました…

 

パニくりながらも更に調べてみたら、私が契約しているエックスサーバーで子テーマを作成している記事を発見!
スクリーンショットを多用しており、非常に分かり易いサイトでした。

 

(私も自分用にスクリーンショット撮りまくったのですが、非常に疲れました。分かり易いサイトを作成、公開して下さっている方には、本当に頭が下がります)

 

手順を見ると、エックスサーバーの場合はFTPソフトを使うことなく、管理画面のファイルマネージャから直接ディレクトリやファイルの追加が行えます

 

この手順の通りエックスサーバーにログインし、子テーマのディレクトリを無事追加することが出来ました!

 

子テーマ ディレクトリ

 

②style.cssを追加

 

と、ここで問題発生。
ここまで順調にこの手順を見ながら進んでこれたのですが、「style.css」を記述してWordPressの管理画面に戻ったら…あるはずの子テーマが無い!

 

よくよく見ると、下の方に「親テーマがない」みたいなメッセージが。
(焦ってスクリーンショット撮り忘れました。すいません)

 

もう1度繰り返してもダメ。。。

 

再度ネットサーフィン。ただ、子テーマのディレクトリ及び「style.css」ファイルの作成までは既に出来ているので、使用中のテーマ「Twenty Seventeen」の子テーマ作成で検索しました。

 

で、見つけたのがこの記事

 

実際に同じテーマで子テーマを作成していらっしゃったので、とにかく書いてある通りにやれば上手くいくはず!と「style.css」の記述をコピーし、作成者とサイト名のみ自分に書き換えてやってみると…

 

 

WordPress管理画面に子テーマが出来ていました!

 

③functions.phpを追加

 

⇒これもこの方の記述内容をそのままコピペして子テーマのディレクトリに保存しました。

 

で、WordPressの管理画面に戻り、子テーマを有効化すると…

 

 

これでバッチリみたいです。

子テーマ完成!

 

ブラウザ上でも確認しましたが特に問題もなく、何とか子テーマを作成することが出来ました^^

④まとめ

 

子テーマ作成まとめ
①エックスサーバーなら、FTPソフト無しで子テーマ作成が可能!
②WordPressテーマの仕様も変わっていると思われるので、手っ取り早くいくなら同じテーマで子テーマを作った方の記事を探す

 

いかがでしたか?

私のようにWordPressを始めたばかりで、同じ悩みを持っている方もいるかと思い、素晴らしい手順を公開して下さった方のサイトを中心に、手順を紹介してみました。

 

しかし、素人にも分かり易いサイトを作って、公開して頂いている方には本当に感謝の気持ちしかありません。有り難い限りです。

 

ブログは私たちの大切な財産。子テーマを作って、コツコツ更新していきましょう!

 

それでは。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事